花時計

2013-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツェルマットを歩く - 2013.11.30 Sat

天候が落ち着いてきたので、外へ出るためにエレベーターに乗り込んだ途端
大きな落雷の音がして停電。同時にエレベーターが止まり中に閉じ込められて
しまいました。とりあえず、エレベーターの中にいることを
アピールしなくちゃ!と思い、手動で無理やり扉を開けて
「ハーローーーー!!」と叫んでみたら、すぐにレセプションの女性が
気づいてくれて、「ハロー!!」という声が返ってきました(笑)
「私どうすればいいですか~?」と叫んだら
「ごめんなさいね!5分待ってください」と言われたので、
狭くて暗いエレベーターの中で、大人しく待っていたら本当に5分経ったくらいに
電気が復旧し、無事エレベーターが動きました。さすがどこまでも時間に正確なスイス(笑)
1階で「ハロー!!」叫んでくれたレセプションの女性と手を取り合って
無事を喜び合った後(←大げさ?)村散策に出かけました。


ツェルマットは、世界でも有数の山岳リゾートの村です。
ガソリン車は、走っていないので排気ガスに汚染されていない澄んだ
空気が気持ちいいです♪

駅前の電気自動車のミニタクシー乗り場↓ 私は乗ったことがないけど…
運転してみたい気はしますね(笑)
DSCN4373 (600x450)


まずは、メインストリートのバーンホフ通りへ
DSCN4375 (600x450)



スイスの土産店でよく見かけるセントバーナード犬のぬいぐるみ
DSCN4394 (600x450)


お菓子屋さんの前に電気自動車が止まっていたので、何気なく荷台をのぞくと…
DSCN4396 (600x450)


きゃ~♪♪ ケーキ手を伸ばしたらすぐ食べれちゃうよ!
なんてここは平和なんだろう。
DSCN4395 (600x450)

お花屋さん♪もう、店は閉店みたいだけど…このお花たちはここに置きっぱなしでよろしいのでしょうか?!
これも、もらっていけちゃうよ(笑)
DSCN4383 (600x450)

教会と役場があるドルフ広場。ここから川へ向かいます。
DSCN4397 (600x450)


氷河の水が流れているマッター・フィスパ川。
先ほどまでの雨の影響でかなり増水していました。
DSCN4387 (600x450)

ここは、マッターホルンを撮影する絶好のフォトスポット。
DSCN4400 (600x450)

私もマッターホルンに向かって「ただいま~!」と叫んだのでありました!!(心の中で)
DSCN4404 (450x600)
だけど…やっぱり氷河が少なくなったなぁ


次に、古い木造の家が並ぶ路地をのんびり歩く
DSCN4391 (600x450)


DSCN4390 (600x450)


ネズミ返しのある古い穀物倉庫もあって、
なんだかこの地区だけ時が止まってしまったかのようです
でもちゃんと花が飾られていて、とってもかわいい
DSCN4392 (600x450)


そして、バーンホフ通りに戻ってきました。
これは、ツェルマット駅の斜め前にあるゴルナーグラート鉄道駅です。
DSCN4406 (600x450)
翌朝は、ここから8:25発の登山電車に乗り込んで、スイスナンバーワンと言われる
展望台まで行って、美しいマッターホルンの絶景を楽しんできます!!

スポンサーサイト

ルガーノ~ツェルマットへ - 2013.11.23 Sat

前回の記事から1カ月以上も過ぎてしまいました(- -;)
相変わらずマイペースですが、スイス旅行記は最後まで必ず
まとめたいと思います


さて、いよいよルガーノからツェルマットへ向けて列車に乗ります。
ツェルマットまで氷河特急で行くルートは、過去に2回乗っているので、
今回は、チェントバリ渓谷鉄道で行くことにしました。
まず、ロカルノまで移動しここからチェントバリ渓谷鉄道に乗り換えます。

チェントバリ渓谷鉄道の入り口は、ロカルノ駅の隣にありました。
DSCN4362 (600x450)


この列車に乗って、イタリアのドモドッソラまで行き、
ドモドッソラでスイス国鉄に乗りかえてツェルマットまで行きます。国境を越えますが
スイスパス有効です。
DSCN4363 (600x450)


ドモドッソラまでは、47の橋を越えて約2時間の旅。
「チェントバリ」って百の谷という意味らしいけど
百も谷があったかはわかりません・・・
とにかくいくつもの谷を越えて列車は進み、まさに「世界の車窓から」そのままの景色でした。
ただ、この列車でめずらしく乗り物酔いしたので景色の写真は1枚もないのが
本当に残念です(^ ^;)



ドモドッソラでスイス国鉄に乗り換えて、ついに16:30ツェルマット駅に到着!!
DSCN4374 (600x450)

この日のツェルマットは雨と雷の天気だったので
ライゼゲペックにてツェルマット駅に到着しているはずの荷物は引き取らずに
とりあえずホテルに向かいます。


予約していたホテル「SARAZENA(サラズィナ)」は、駅から徒歩3分以内の場所にあるはず。
駅前通りを渡ると、すぐホテルまでの標示を発見できました♪
DSCN4407 (600x450)

ホテルは、もうすぐです。
DSCN4408 (600x450)

到着~♪
DSCN4372 (600x450)


部屋は、とても清潔で落ち着ける部屋でした!!嬉しい♪
DSCN4543 (600x450)

部屋のベランダのすぐ前は、何とゴルナーグラード登山鉄道駅の線路でした
DSCN4366 (600x450)
これは、もしかして列車の音が響くのでは?と思いましたが、遅い時間まで運行している
鉄道ではないので、そんなに気になりませんでした。

少し部屋で休んでいると天気が落ち着いてきたので、外に出てツェルマットの村を散策
することにしました。ついでに駅でスーツケースを引き取らなくてはいけないし…
ところが、部屋を出てエレベーターに乗った時、大きな雷の音がしたのと同時にエレベーターが
停止。いきなり真っ暗になってエレベーターの中に閉じ込められてしまいました!!
・・・その続きは、また後日アップします(笑)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2013年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


プロフィール

クー

Author:クー
16才6ヶ月でお空に旅立った
愛犬ゴン太の思い出や
日々の出来事を綴ります。


画像 012
ゴン太♂(享年16才)
我が家の永遠の家族。

★1992年7月北海道生まれ★出会った場所;保健所★病歴;肝臓の腫瘍(結節性過形成)、脳の病気(前庭疾患)、貧血症状★その後奇跡的に元気を取り戻すが、2009年1月24日お空へ旅立つ★

絵ゴンタ赤ん坊
大山ゆうこさん 画

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

最近のトラックバック

RSSフィード

メールはこちらから

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


なまけものの贈りもの

ブログ内検索

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。